金重愫/備前酒呑   KANESHIGE Makoto / Bizen sakenomi

径6.8cm×高6.0cm
窯変の灰が被った最上級の出来上がりのぐい呑です。
ボタモチの緋色も発色が良く、隈取りもはっきり出ています。


金重愫(1945〜)
1945年/岡山県備前市に生まれる。
1969年/京都大学農学部卒業。のちに金重素山のもとで陶芸の道に入る
1979年/岡山眦膕阿砲童津検0文絣峠蠅砲童津験催。
2011年/山陽新聞社賞(文化功労)受賞。
2019年/岡山県文化賞受賞。
付属品 共箱、布(印なし)、栞(陶歴)
購入数
売切 / soldout