富本憲吉/色繪灰皿    TOMIMOTO Kenkichi / Iroe Haizara

縦6.5cm×横8.6僉濆5.9cm
デザインと模様に拘り続けた富本憲吉氏の風花雪月と斜線文を図案化した灰皿です。
くり抜き技法の四方型で、高台内の陶器署名から晩年の1961年(昭和36年)製作です。

富本憲吉(1886〜1963)
1886年/奈良県生駒郡安堵町(安堵村)の旧家に生まれる。
1935年/帝国美術院会員となる。東京で上京後初の個展「富本憲吉近作陶磁展」開催。翌年大阪へ巡回。
1937年/帝国芸術院会員。第一回新文展の審査員となる。
1944年/東京美術学校教授となる。
1949年/京都市立美術専門学校の客員教授となる。京都に居を定める。
1955年/重要無形文化財保持者(人間国宝)「色絵磁器」に認定される。日本工芸会の設立にともない、会員となる。東京で「作陶四十五年記念展」を開催。
1961年/文化勲章受章。
1963年/没。
購入数
売り切れ