鎌田幸二/燿変油滴天目茶碗   KAMADA Kouji / Youhenyuteki tenmoku Chawan

径13.1cm×高7.1
鎌田幸二氏が長く研究し続けた、光により発色が変わる窯変天目の見事な茶碗です。
古典作品を写しつつも現代の茶陶に合う独自の釉薬・造形の作品です。

鎌田幸二(1948年〜)
1948年/京都に生まれる。
1968年/作陶を志し五条坂清水正氏の指導を受ける。
1971年/京都府立陶工訓練校専攻科修了。同校指導員(京都府技師)となる。五条坂共同登窯「鐘鋳窯」にて天目の研究を始める。
1973年/第20回日本伝統工芸展初入選。
1975年/第3回日本陶芸展入選。
1976年/日本工芸会正会員となる。
1980年/京都高島屋にて個展。
1982年/五条坂共同登窯休止の為自宅にガス炉を築窯。
1984年/東京日本橋三越美術サロンにて個展。
1987年/第16回日本工芸会近畿支部展にて京都府教育委員会委員長賞受賞。
1988年/重要無形文化財「鉄釉陶器」伝承者養成研修会にて清水卯一氏の薫陶を受ける。(平成元年に第2回を受講、平成2年以降「栩卯会」として研修会に参加)
購入数
売り切れ