伊勢崎淳/備前茶盌   ISEZAKI Jun / Bizen chawan

径12.8cm×高8.4cm
備前焼にて人間国宝に指定された伊勢崎淳先生の作品です。
力強く面取りされた造形作品で、瑠璃釉の地肌に黄ゴマが被った美しい茶碗です。
見込は黒備前風の仕上がりです。
某コレクターが作家ご本人から譲り受けた名品です。
人間国宝認定後の制作です。

先生の写真(L判サイズ)が付属します。


伊勢崎淳(1936〜)
1936年/伊勢崎陽山の次男として岡山県備前市伊部に生まれる。
1959年/岡山大学教育学部特設美術科卒業。
1960年/伊勢満とともに姑耶山古窯跡に中世の半地下式穴窯を復元。
1966年/日本工芸会正会員。
1978年/岡山大学特設美術科講師に就任。
1981年/金重陶陽賞。
1993年/岡山県文化奨励賞。
1996年/山陽新聞賞(文化功労賞)。
1998年/岡山県重要無形文化財保持者に認定。社団法人日本工芸会理事および日本工芸会中国支部幹事長に就任。
2004年/重要無形文化財保持者(人間国宝)認定。
2005年/岡山県文化賞。
付属品 共箱、共布(印あり)、栞(陶歴)
販売価格
300,000円(内税)
購入数