伊勢崎淳/備前酒呑   ISEZAKI Jun / Bizen sakenomi

径7.6cm×高5.4cm
きめ細かい白い備前土に緋色が発色している作品。
正面は小豆色に輝き、口元には黄ゴマと黒ゴマが降り注いでいます。
轆轤目がはっきり出ていて、口元は外に開き、使い易いぐい呑です。
備前焼人間国宝認定後の制作です。


伊勢崎淳(1936〜)
1936年/伊勢崎陽山の次男として岡山県備前市伊部に生まれる。
1959年/岡山大学教育学部特設美術科卒業。
1960年/伊勢満とともに姑耶山古窯跡に中世の半地下式穴窯を復元。
1966年/日本工芸会正会員。
1978年/岡山大学特設美術科講師に就任。
1981年/金重陶陽賞。
1993年/岡山県文化奨励賞。
1996年/山陽新聞賞(文化功労賞)。
1998年/岡山県重要無形文化財保持者に認定。社団法人日本工芸会理事および日本工芸会中国支部幹事長に就任。
2004年/重要無形文化財保持者(人間国宝)認定。
2005年/岡山県文化賞。
付属品 共箱、布(印あり)、栞(陶歴)
購入数
売切 / soldout