島岡達三/象嵌赤繪草花文三角壷   SIMAOKA Tatsuzou / Zoganakaesoukamonsankaku tsubo

径9.8cm×高11.2cm
人間国宝島岡達三氏による象嵌縄文赤絵作品。
型物による成形で、三方型のかわいらしい小さな花瓶です。
三面は違った色の焼き上がりになりそれぞれ楽しめ、丸文の赤絵も綺麗です。


島岡達三(1919〜2007)
1919年/東京都で生まれる。
1939年/東京工芸大学窯業学科に入学する。
1940年/濱田庄司と出会う。
1941年/東京工業大学窯業学科を卒業する。
1946年/濱田庄司に師事する。
1950年/栃木県窯業指導所に勤務する。白崎俊次の古代土器標本複製に参画する。
1954年/独立し、栃木県益子に窯を築く。
1962年/日本民芸館賞を受賞する。
1964年/日本民芸館賞を受賞する。
1978年/国画会会員となる。
1980年/栃木県文化功労賞を受賞する。
1994年/日本陶磁協会賞金賞を受賞する。
1996年/人間国宝となる。
1999年/勲四等旭日小綬章を受章する。
2007年/没。
付属品 共箱、栞(陶歴)
購入数
売切 / soldout