藤原建/備前徳利001   FUJIWARA Ken / Bizen tokkuri 001

径9.8cm×高12.8cm
備前焼人間国宝である藤原啓の甥にあたる藤原建の備前徳利です。
金重陶陽・北大路魯山人の元で修業しただけあり、轆轤引きは抜群です。
黄ゴマ、サンギリなどの焼き上がりが楽しめる作品となっています。


藤原建(1924〜1977)
1924年/岡山県に生まれる。
1946年/叔父・藤原啓のもとで陶芸を始める。金重陶陽宅を訪ね、以後、啓・陶陽に師事。
1952年/京都で金重素山に京焼を学ぶ。
1954年/鎌倉の北大路魯山人の備前焼窯焚きの応援に行き、食器の制作技術など魯山人芸術の神髄に触れる。
1956年/独立し第1回の窯を出す。
1957年/岡山にて初個展開催。
1958年/日本伝統工芸展に初入選、以来連続入選。
1969年/第1回金重陶陽賞受賞。
1970年/大窯を築窯。大窯初窯展開催(岡山、東京、大阪)。
1973年/岡山県重要無形文化財に指定される。
1977年/心臓発作のため死去。
付属品 共箱、布(印あり)
購入数
売切 / soldout