富本憲吉/青磁花瓶   TOMIMOTO Kenkichi / Seiji kabin

径16.4cm×高17.5cm
富本憲吉氏には珍しい青磁の花瓶です。
高台には昭和22年(1947年)製作のサインが彫られています。
共箱には「第一回新匠展出陳のため製作したるものあれどキズあり 形よろし」と記されています。
本作品はキズに金繕いを施して修復しております。
ご購入の際には十分お気を付け下さい。


富本憲吉(1886〜1963)
1886 奈良県生駒郡安堵町(安堵村)の旧家に生まれる。
1935 帝国美術院会員となる。東京で上京後初の個展「富本憲吉近作陶磁展」開催。翌年大阪へ巡回。
1937 帝国芸術院会員。第一回新文展の審査員となる。
1944 東京美術学校教授となる。
1949 京都市立美術専門学校の客員教授となる。京都に居を定める。
1955 重要無形文化財保持者「色絵磁器」に認定される。日本工芸会の設立にともない、会員となる。東京で「作陶四十五年記念展」を開催。
1961 文化勲章受章。
1963 死去。
付属品 共箱
販売価格
55,000円(内税)
購入数