濱田庄司/塩釉盃   HAMADA Syoji / Shiogusuri Sakazuki

径8.5cm×高3.6cm
轆轤成型による動きのある力強い平盃。
胴紐型で持ち易く使い心地が良い。
塩釉焼成の特徴であるガラス質の油手に鉄砂の紫紺色が表れ、美しく見所となる。
高台脇には箆目に沿い明るい呉須の青色が出ている。


濱田庄司(1894〜1978)
1894年/神奈川県川崎市に濱田久三の長男として生まれる。本名は象二。
1913年/東京高等工業学校(現・東京工業大学)の窯業科に入学し、板谷波山に学び在学中より、上級の河井郤]困反童鬚鮨爾瓩襦
1916年/奈良県安堵村に富本憲吉を訪ねて交友が始まる。
1919年/千葉県我孫子にあった柳宗悦邸にバーナード・リーチを訪問、同時に柳とも交友を結ぶ。
1920年/リーチの帰国に同行、英国セント・アイヴスに築窯して共に作陶生活を送る。
1924年/関東大震災の報せを受けて帰国。しばらく京都・河井邸に滞在し、当時京都に在住していた柳とも更に親交を深め、下手物と呼ばれていた日用雑器の美しさへの関心を確かなものにした。同年、英国での経験を踏まえて確かな生活に根ざした工芸本来のあり方を求め、栃木県益子に移り住む。
1926年/柳や河井らと共に「日本民藝美術館設立趣意書」の起草に参加。
1955年/第一回重要無形文化財保持者(人間国宝)の認定。
1964年/紫綬褒章を受章。
1968年/文化勲章を受章。
1969年/益子名誉町民となる。
1978年/没。
付属品 濱田晋作鑑定箱、布
購入数
売切 / soldout