山田和/越前ぐい呑(志野)012  YAMADA Kazu / Echizen Guinomi(shino)012

径7.4cm×高4.8cm
1990年前後の制作作品です。
赤茶色の志野の釉薬に、外側は膜薬が掛かり、景色となります。
見込には土の地肌と掛け分けの白が対照となる、使い易い実用的なぐい呑。


山田和(1954〜)
1954年/愛知県常滑市に生まれる。
1976年/大阪芸術大学芸術学部工芸学科陶芸コース卒業。
1976年/福井県・越前陶芸村に築窯。
1988年/ドイツにて穴窯制作(ヤン・コルヴィツ陶房)。記録映画「炎より生れる」制作に参加(マークスツエルナープロダクション)。
1989年/ドイツにて作品制作、初窯。
購入数
売り切れ