杉本貞光/紫香黒茶盌(銘・阿吽)       SUGIMOTO Sadamitsu / Shigaguro Chawan(Aun)

径11.6cm×高8.4
柔らかい土味に茶褐色の釉薬が掛けられています。
胴紐型の茶盌でやや小振りの使い勝手の良い大きさです。

杉本貞光(1935〜)
1935年/東京に生まれる。
1968年/信楽山中に穴窯築窯。
1974年/大徳寺立花大亀老師より指導を受ける。沖縄海洋博にレリーフ制作。
1979年/大徳寺・如意庵にて個展。裏千家にて個展。
1998年/香雪美術館にて信楽展出品。
1991年/ニューヨーク・ロックフェラーセンター・ギャラリーゼロにてアメリカ初個展。
1992年/吉兆・湯木美術館に作品が収蔵される。
1993年/ミュンヘン・ギャラリーフレッドハーンスタジオにてドイツ初個展。
1994年/エール大学美術館に作品が収蔵される。
2002年/京都・建仁寺晋山記念として井戸茶盌を納める。台湾台北佛光美術館にて中日韓国際陶芸展招待出品。韓国利川世界陶芸センターにて国際陶磁ワークショップ招待出品、作品が収蔵される。
2003年/韓国霊岩陶器文化センターにて韓国陶芸展招待出品、作品が収蔵される。東京庭園美術館にて「現代日本の陶芸・受容と発信」に出品。
2005年/滋賀県立陶芸の森陶芸館に作品が収蔵される。
2006年/伊賀焼専用の穴窯築窯。
2007年/志野・織部制作完成。
2008年/クラーク日本美術・文化研究センター館に作品が収蔵される。
2011年/蕎麦・伊羅保制作完成。野村美術館にて個展。
2012年/ロサンゼルス・カウンティ美術館日本館にて作品が展示される。フランクロイド・ギャラリーにて個展。
2013年/野村美術館にて個展。
2014年/阪急うめだ本店にて個展。
販売価格
75,000円(内税)
購入数