和田守卑良/吉花文酒呑   WADA Morihiro / Kikkamon Sakenomi

ぐい呑:径6.2cm×高6.2cm
徳利:径8.0cm×高15.0cm
須恵器風の肌色の素地に緑釉を掛け黄釉とオレンジ色の釉薬で花の字を模様化し図案としています。
造形作家・ 和田守卑良氏らしい個性的な作品です。
ぐい呑2つ・徳利1つのセットです。

和田守卑良(1944〜2008) 
1944年/兵庫県で生まれる。
1967年/京都市立美術大学工芸科陶磁器専攻を卒業し、高知県安芸市で作陶を開始する。
1975年/日本陶芸展で初入選する。
1976年/茨城県笠間市に移る。ファエンツァ国際陶芸美術コンクール金賞、日本陶芸展賞、日本陶磁協会賞を受賞する。
1983年/日本工芸会正会員となる。
1990年/日本工芸会を退会する。
2008年/没。
販売価格
198,000円(内税)
購入数