十二代酒井田柿右衛門/梅花柘榴画酒器   SAKAIDA Kakiemon 12th / Umehanazakuroga Syuki

盃  径4.8僉濆3.0
徳利 径7.0僉濆12.6

徳利二本と盃五客のセットです。
柿右衛門白磁に、盃には柘榴を、徳利には竹梅が五彩で描かれ華やかな雰囲気です。

十二代酒井田柿右衛門(1878〜1963)
1878年/佐賀県出身。十一代の長男。
1917年/父に学び十二代を襲名。
1953年/乳白色の濁手(にごしで)素地の技法再現を成功させる。
1955年/日本伝統工芸展で日本工芸会賞を受賞,選択無形文化財保持者。
1958年/ブリュッセル万博で大賞。
1963年/没。
販売価格
45,000円(内税)
購入数