中里重利/斑唐津徳利   NAKAZATO Shigetoshi / Madara karatsu Tokkuri

径10.0僉濆11.2cm
唐津の中で人気の高い斑唐津の徳利です。
所々青味の出た斑模様が見所となります。
素直な轆轤挽きでさり気無い作風ですが味わい深い作品です。

中里重利(1930〜2015)
1930年/人間国宝・中里無庵の三男として生まれる。
1952年/日展入選。
1956年/第5回日本現代美術陶芸展 松坂屋賞受賞。
1965年/第8回日展にて「三玄」壷 特選北斗賞受賞。
1967年/第10回日展より委嘱出品。
1969年/第9回日本現代陶芸美術展より委嘱出品。現代美術家協会会員となる。
1971年/第10回日本現代陶芸美術展審査員。
1973年/唐津市神田山に築窯。
1975年/第14回日本現代陶芸美術展会員賞・文部大臣賞受賞。
1976年/日展審査員。窯名を三弦窯と命名。
1977年/日展会員・現代工芸美術作家協会評議員。
1980年/日本新工芸展会員賞・楠部賞受賞。中日国際陶芸展審査員。
1987年/佐賀県芸術文化功労賞受賞。
1996年/県政功労賞受賞。
2002年/地域文化功労者表彰。
2015年/没。
購入数
売り切れ