加藤卓男/正倉院復元三彩高台鉢   KATO Takuo /Syousouinhukugen Sansaikoudaibati

径18.6僉濆10.0
奈良正倉院の御物を再現復元した作品です。
緑釉黄釉を流し現代の奈良三彩として風格ある逸品です。
輪花型の口元に丸みを帯びた形状を連ねた美しい造形です。

加藤卓男(1917〜2005)
1917年/五代加藤幸兵衛の長男として生まれる。
1961年/フィンランド工芸美術学校修了。
1963年/第6回日展で特選北斗賞受賞。
1973年/イラン・パーレヴィ王立大学付属アジア研究所留学およびペルシア古陶発掘調査に参加。
1980年/宮内庁より正倉院三彩の復元制作を委嘱される。
1983年/岐阜県重要無形文化財に認定される。
1986年/トルコ・トプカプ宮殿美術館にて個展。
1988年/紫綬褒章受章。
1992年/伊勢神宮の御神宝「陶猿頭形御硯」を制作。
1995年/国指定重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される。
1996年/岐阜県名誉県民の称号を受ける。
2005年/没。
販売価格
250,000円(内税)
購入数