十三代今泉今右衛門/色絵薄墨草花文ぐい呑   IMAIZUMI Imaemon 13th / Iroeusuzumisoukamon Guinomi

径6.0cm×高5.4cm 
十三代独自の薄墨技法。
草花模様の鮮やかな赤に対し落ち着いた緑が品格をたたえています。
代表的な作品です。

十三代今泉今右衛門(1926〜2001)
1926年/十二代今右衛門の長男として佐賀県有田町赤絵町に生まれる。
1949年/東京美術学校(現芸大美術部)工芸科卒業。
1957年/日展入選。
1958年/佐賀県展にて最高賞受賞。
1962年/日本伝統工芸展初入選。一水会陶芸展入選。
1963年/一水会陶芸展にて「一水会会長賞」受賞。
1964年/欧州、米国陶芸視察。
1965年/日本伝統工芸展にて「日本工芸会会長賞」受賞。
1966年/3ヵ年間米国にて「ジャパンアートフェスティバル展」出品。文化庁主催 日本伝統工芸秀作展に「色絵手毬花文鉢」出品。京都国立近代美術館「現代陶芸の新世代展」招待出品。
1968年/京都国立近代美術館にて「色絵笹輪文鉢」買い上げ。
1971年/今右衛門陶房の技術者にて「色鍋島技術保存会」をつくり十二代の会長補佐となり、国の重要無形文化財の総合指定を受く。
1972年/東京国立近代美術館にて「色絵かるかや文鉢」買い上げ、陳列。
1975年/十二代死去により十三代今右衛門を襲名。
1976年/日本陶磁協会賞を受賞。「色鍋島今右衛門技術保存会」を改組し代表となる。文化庁より重要無形文化財の総合指定を受く。
1979年/53年度日本伝統工芸展出品作「色鍋島薄墨草花文鉢」を文化庁買い上げ。
1981年/日本陶芸展最優秀作品賞(秩父宮賜杯)受賞。
1986年/紫綬褒章、佐賀県政功労賞受章。
1989年/重要無形文化財個人指定(人間国宝)に認定。ポルトガル、リスボンにて個展。日本陶磁協会金賞受賞。
1993年/佐賀県立有田窯業大学校校長就任。
1994年/パリ・エトワールにて個展。
1995年/国際文化交流に対し外務大臣表彰。
1999年/勲四等旭日小綬章受章。
2001年/没。
販売価格
109,000円(内税)
購入数