清水保孝/白釉ぐい呑   SHIMIZU Yasutaka / Hakuyuu Guinomi

径7.0cm×高3.8cm
美しい白釉のぐい呑です。
上品な作風の使い易い作品です。

清水保孝(1957年〜)
1947年/京都府で生まれる。
1970年/龍谷大学文学部史学科を卒業する。
1971年/父・清水卯一に師事する。
1972年/第19回日本伝統工芸展で初入選となる。
1973年/第2回日本工芸会近畿支部展で近畿支部長賞を受賞する。
1975年/日本工芸会正会員となる。
1977年/第6回日本工芸会近畿支部展で日経奨励賞を受賞する。
1981年/第10回日本工芸会近畿支部展で松下賞を受賞する。
1982年/日本工芸会近畿支部展で特待出品する。
1987年/日本工芸会近畿支部展で鑑査委員となる。
1991年/龍谷大学校友会より龍谷奨励賞を受賞する。
1992年/京都工芸新世代展に出品する。
1994年/作品が京都府に収蔵される。
1999年/作品が駐日フランス大使館に収蔵される。
2000年/ろくろとともに三十年清水保孝陶展を開催する。
2002年/日本工芸会理事に就任する。
2005年/濁等35周年記念展を開催する。
購入数
売り切れ