原田拾六/備前ぐい呑         HARADA Syuroku/Bizen guinomi

縦8.4僉濂7.0cm×高7.0cm
土色のコントラストが美しく秀一である。
ふりが大きく重厚な造形と焼き込まれた力強い景色とは対照的に、口もとの歪みが優美な曲線を描いている。

原田拾六(1941〜)
1941年/岡山県で生まれる。
1964年/明治大学農学部農産製造学科を卒業する。
1969年/作陶を始める。
1971年/穴窯を築く。
1972年/登窯を築く。
1975年/桂又三郎に師事する。
1978年/桂又三郎喜寿記念展に協賛、出品する。
1982年/日本橋三越本店で個展を開催する。
1983年/オーストラリア国立民族博物館で2人展を開催する。
1990年/大阪三越美術画廊で個展を開催する。
1991年/炎芸術誌・現代陶芸100選に選ばれる。牛窓・阿弥陀山に穴窯を築く。
1993年/京都書院刊「陶」シリーズに選ばれ作品集を出版する。
2000年/日本陶磁協会賞を受賞する。
2002年/岐阜県現代陶芸美術館記念展に出品する。
2003年/東京都庭園美術館の展覧会に出品する。
2004年/茨城県立陶芸美術館の展覧会に出品する。
2005年/アメリカのニューオリンズ・ミュージアムアートに作品が収蔵される。
2006年/東広島市立美術館などに作品が収蔵される。
販売価格
65,000円(内税)
購入数