板谷波山/青磁花瓶   ITAYA Hazan / Seiji Kabin

径10.3cm×高13.8cm


板谷波山(1872〜1963)
1872 茨城県真壁郡(現・下館市)に生まれる
1889 東京美術学校(現・東京芸術大学)彫刻科に入学
1898 石川県工業学校の木彫科が廃止され陶磁科を担当、陶芸を本格的に研究する
1903 東京府北豊北(東京都北区)に住居と工房を建てる
1927 帝展審査委員となる。工芸家団体茨城工芸会結成し、会長就任
1929 工芸家として初の帝国美術院会員となる。帝展の工芸部主任審査員となる
1937 帝国芸術院会員となる
1953 陶芸家として、初の文化勲章授章
1960 重要無形文化財保持者(人間国宝)の候補となるが辞退する
1963 直腸癌のため91歳で死去