金重素山/緋襷ぐい呑   KANESHIGE Sozan / Hidasuki Guinomi

径5.5cm×高6.0cm
金重素山氏独自の備前土の明るい素地に赤いひも状の緋襷の掛かった、焼き上がりの良い作品です。
胴にはヘラ目を使い彫をいれた非常に珍しいぐい呑です。


金重素山(1909〜1995)
岡山市円山にて作陶、晩年伊部牛神下窯築窯。
購入数
売り切れ