川端文男/備前窯変三方皿(5客)212   KAWABATA Fumio / Bizenyouhen Sanpouzara(5)212

径16.0cm×高2.8cm
自然練込の備前白土に緋色の帯が出て、且つ窯変の灰が被り極上の景色となっています。
三角型の外側角は砂のようにもろく造形的な作品です。
裏側は三つ足になり食材を引き立てる皿になっています。

川端文男(1948年〜 )岡山県伊部市にて作陶
販売価格
31,000円(内税)
購入数