浦口雅行/青瓷飛黒晶茶盌      URAGUCHI Masayuki / Seiji tobikokusyou Chawan

径13.5cm×高8.0cm
轆轤引きされた胎土に青瓷釉を流し掛けした動きのある力強い作品です。
窯変した黒晶が所々に見られ、飛青瓷風に仕立てられています。
赤い二重貫入が美しい茶碗です。

浦口雅行(1964年〜)
1964年/東京に生まれる。
1989年/東京芸術大学美術学部大学院三浦小平二研究室修了。伝統工芸新作展入選。
1990年/日展入選。 国際陶芸優良入選。
1991年/栃木県芳賀町に築窯独立。
1992年/朝日陶芸展入選。
1993年/朝日陶芸展出品、新人陶芸賞受賞。
1995年/日本陶芸展入選。日本橋三越にて初個展開催(以降不定期連続開催)。
1996年/中国浙江省南宋官窯・龍泉窯等の窯跡調査研究する。
1997年/日本伝統工芸展入選。
2001年/茨城県八郷町に工房移転。
2002年/茨城県芸術祭特賞受賞。
2006年/NHK BS2 器夢工房 青瓷 浦口雅行「宇宙の蒼に臨挑む」に出演。東京美術倶楽部2006東美アートフェア春にて「青瓷 浦口雅行展」開催。茨城県陶芸美術館開催の「現代陶芸の粋」展に出品。
2007年/水戸にて茨城新聞社主催の「青瓷 浦口雅行展2007」開催。
2009年/茨城工芸展にて茨城工芸開0周年記念賞受賞。
販売価格
324,000円(内税)
購入数