青木龍山/天目渚小花瓶   AOKI Ryuzan / Tenmokusho Shokabin

径7.6cm×高14.7cm
天目釉の黒地の生地に銀色と茶褐色の縞模様の美しい花瓶です。
徳利にも一輪挿しにも使える寸法です。

青木龍山(1926〜2008)
1926年/佐賀県西松浦郡有田町生まれ。(本名:久重)
1951年/東京都多摩美術大学日本画科卒業。
1954年/日展初入選。
1971年/第三回日展で「豊」が、特選受賞。
1973年/第十二回現代工芸美術展で「豊延」が、会員賞および文部大臣賞受賞。
1981年/社団法人 日本現代工芸美術家協会理事に就任。
1982年/社団法人 日展会員。
1988年/第二十七回日本現代工芸美術展で「天目韻律」が、理事出品にて文部大臣賞受賞。社団法人 日展評議員に就任。
1991年/第二十二回日展出品作「胡沙の舞」にて、第四十七回日本芸術院賞受賞。社団法人 日展理事に就任。
1992年/日本芸術院会員。
1993年/第五十二回西日本文化賞受賞。社団法人 日本現代工芸美術家協会副会長、および社団法人 日展常務理事に就任。
1999年/文化功労者。
2000年/佐賀大学美術科 客員教授に就任。
2005年/文化勲章受章。
2008年/従三位に叙せられる。没。
販売価格
55,000円(内税)
購入数