河本五郎/灰釉鳥紋汲出し碗   KAWAMOTO Goro/Haigusuri Torimon kumidashiwan

径6.5僉濆10.0
抽象的にデザインされた鳥を描いた筒型の湯呑です。
見込は斑の黄伊羅保風で外側は土が縮れた感じの作風となっています。
6客セットです。

河本五郎(1919〜1986)
1919年/瀬戸市の製陶業、柴田重五郎の次男として生まれる。
1936年/愛知県窯業学校卒業。京都国立陶磁器試験所意匠部へ伝習生として入所。
1946年/瀬戸陶芸協会会員となる。
1950年/陶芸家河本礫亭家の養子となる。日本デザイナー・クラフトマン協会に参加。山田美穂子と結婚。
1953年/「第9回日展」出品、「草文花器」初入選。「朝日現代陶芸展」最高賞受賞。
1958年/「ブリュッセル万国博覧会」グランプリ受賞。
1959年/「カリフォルニア国際博覧会」最高デザイン賞受賞。ベルギー工芸展出品作を日本外務省買い上げ。「第2回新日展」中日賞受賞。
1960年/「第9回現代日本陶芸展」最高賞受賞。日本陶磁協会新人賞受賞。20回記念瀬戸陶芸展最高賞受賞。
1962年/「第1回日本現代工芸美術展」入選、日本現代工芸大賞受賞。現代工芸美術家協会会員。第5回新日展特選北斗賞受賞。
1963年/「第1回朝日陶芸展」文部大臣奨励賞受賞。
1964年/「第2回朝日陶芸展」審査員。「現代国際陶芸展」招待出品。「第7回新日展」委嘱出品。岡山天満屋「現代陶芸代表作家展」出品。
1965年/西ドイツ「国際手工芸展特別展」招待出品、金賞受賞。日本政府主催「ニューヨーク国際芸術際」参加、以後毎年出品。
1966年/「第9回日展」審査員。
1967年/モントリオール万国博覧会出品。
1968年/京都国立近代美術館主催「現代陶芸新世代展」招待出品、同館買い上げ
1973年/愛知県陶磁資料館資料委員就任。「中日国際陶芸展」発足、評議員・審査員となる。
1976年/光風会第1回辻記念賞受賞。イランへ古窯研究の旅をする。
1978年/日展評議員となる。現代工芸美術家協会退会。日本新工芸美術家連盟評議員となる。
1979年/中日国際陶芸展の招待作品選定のため、韓国を訪問。瀬戸陶芸協会代表委員となる。中国・シルクロードを旅行。
1980年/第2次タイ古陶研究旅行に参加。「日本の美 現代陶芸百選展」招待出品。
1981年/「第1回瀬戸陶芸協会展」出品。
1982年/愛知県知事表彰。香港博物館開催「東洋陶磁展」招待出品。
1983年/瀬戸市文化センターにて「河本五郎展」開催。中国を旅行。アメリカ・イギリス巡回「今日の日本陶芸展」招待出品。
1984年/東海テレビ文化賞受賞。
1985年/「瀬戸陶芸家協会50年のあゆみ展」出品。
1986年/勲四等瑞宝章受章。没。
販売価格
29,000円(内税)
購入数