兼田昌尚/萩刳貫ぐい呑        KANEDA Masanao/Hagikurinuki Guinomi

径6.5cm×高7.0cm
正面の刳りとった模様が斬新な作品です。

兼田昌尚(1953〜)
1953年/山口県で生まれる。
1977年/東京教育大学教育学部芸術科彫塑専攻を卒業する。
1979年/筑波大学大学院藝術研究科美術専攻を修了し、父のもとで作陶を始める。
1981年/萩国際彫刻シンポジウムに参加する。
1985年/日本工芸会正会員となる。
1989年/萩市教育文化奨励賞を受賞する。
1990年/萩女子短期大学の講師となる。
1991年/日本工芸会を退会する。
1992年/京都書院より「陶一兼田昌尚」を刊行する。
1994年/NHKの番組に出演する。
1996年/山口県芸術文化振興奨励賞を受賞する。
1998年/NHKの番組に出演する。
1999年/エネルギア美術賞を受賞する。
2000年/筑波大学芸術学系の助教授となる。
2004年/萩国際大学陶芸文化コースの教授となる。山口県文化功労賞を受賞する。
2005年/天龍山窯8代目に就任する。
2010年/萩市教育文化功労賞を受賞する。
販売価格
30,000円(内税)
購入数