六代清水六兵衛/銀白泑刻文桔梗茶盌   KIYOMIZU Rokubei / Ginpakuyoukikyoukokumon chawan

径10.4cm×高9.4cm
陶芸界の重鎮清水六兵衛氏による最晩年の技法作品です。
晩年に制作された銀白泑の美しい銀彩に深く彫られた桔梗が刻まれています。
桔梗の紫が美しい、数少ない貴重な逸品です。


六代清水六兵衛(1901〜1980)
1920年/京都市立美術工芸学校絵画科卒業。
1923年/京都市立絵画専門学校(現:京都市立芸術大学)卒業。
1931年、1934年/帝展で特選。
1945年/6代を襲名。
1948年/京都陶芸家クラブを結成。
1956年/「玄窯叢花瓶」で日本芸術院賞受賞。
1962年/日本芸術院会員。
1976年/文化功労者。
1980年/死去。
付属品 七代清水六兵衛識箱、共布(印あり)、栞(陶歴)
販売価格
275,000円(内税)
購入数