板谷波山/観音聖像   ITAYA Hazan / Kannon Seizou

縦5.3僉濂6.8僉濆9.6
近代陶芸の巨匠板谷波山氏による観音座像です。
型物成型ですが凛とした表情やなだらかな衣文や装飾など繊細かつ優雅な印象で
彫塑的な作品に仕上げています。

板谷波山(1872〜1963)
1872年/茨城県真壁郡(現・下館市)に生まれる。
1889年/東京美術学校(現・東京芸術大学)彫刻科に入学。
1898年/石川県工業学校の木彫科が廃止され陶磁科を担当、陶芸を本格的に研究する。
1903年/東京府北豊北(東京都北区)に住居と工房を建てる。
1927年/帝展審査委員となる。工芸家団体茨城工芸会結成し、会長就任。
1929年/工芸家として初の帝国美術院会員となる。帝展の工芸部主任審査員となる。
1937年/帝国芸術院会員となる。
1953年/陶芸家として、初の文化勲章授章。
1960年/重要無形文化財保持者(人間国宝)の候補となるが辞退する。
1963年/没。
販売価格
0円(内税)
購入数